基本的に「節税効果>税理士報酬」となる方限定のサービスとなっております。税金が発生していない場合は、そもそも節税効果が発生する余地がありません。このため、一定の所得があることがサービス利用の条件となります。事業所得のみの場合、300万円程度の所得が目安となります。