留意点

法人と個人事業の話が混在しますので、ご留意ください。
印鑑は法人印ですので、法人の話となります。
クラウド会計ソフト「マネーフォワード」、クレジットカードは、個人事業の話になりますので申込者は個人となります。
基本的に法人専用のクレジットカードは必要ありませんが、銀行口座は、 法人口座個人事業専用口座ともに必要となります。また、法人口座は法人設立登記完了後に申込可能となりますので、 設立登記が完了した後に申し込む 流れとなります。

 
法人
個人事業
法人印
クラウド会計
銀行口座
クレジットカード

法人向けおすすめサービス

【法人】おすすめの印鑑屋さん

実印、印鑑即日出荷の印鑑作成激安専門店【Inkans.com】
法人印を3,580円から作ることができます。
実印、銀行印、角印(請求書押印用)の3点セットが一般的ですが、実印、銀行印は兼用で問題ありませんので、実印、角印(請求書押印用)の「会社法人2本セット」がおすすめです。

【法人】おすすめの法人口座

法人口座は法人登記完了後に開設手続きを開始します。
法人口座は、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)楽天銀行ゆうちょ銀行ペイジー(ネットバンキングで税金や社会保険料が支払える)を使えるのでおすすめです。
ゆうちょ銀行は開設のために最寄りの店舗へ出向く必要がありますが、ペイジーに加えて社会保険料の口座振替も利用できるので便利です。

 
PayPay銀行
楽天銀行
ゆうちょ銀行
ペイジー
(税金・社保のネット支払い)
社会保険料の
口座振替
×
×
申込方法
ネット申込
ネット申込
店舗申込


【法人口座】
PayPay銀行(法人口座)
楽天銀行(法人口座)
法人口座を開設されるお客さまへ−ゆうちょ銀行 (japanpost.jp)

個人事業向けおすすめサービス

【個人】クラウド会計ソフト「マネーフォワード」

クラウド会計ソフト「マネーフォワード」は下記のリンクよりお申し込みください。なお、1か月間は無料で利用できます。
クラウド会計ソフト「マネーフォワード」の申込はこちら

【個人】業務専用の銀行口座・クレジットカードを準備しましょう

業務専用の銀行口座・クレジットカードクラウド会計ソフト「マネーフォワード」と連携することで、効率的に会計作業を進めることができるようになります。
利用していない銀行口座・クレジットカードがある場合には、それを業務専用として利用して問題ありませんが、利用できる銀行口座・クレジットカードがない場合には新規で作成をお願いいたします。
クラウド会計ソフト「マネーフォワード」と連携可能で、かつ、お得なサービスを下調べしておりますので、下記よりお申し込みいただければと思います。

【個人】おすすめの業務専用銀行

個人事業の業務専用銀行は、ネット銀行大手のPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)楽天銀行が手数料が安く使い勝手が良いのでおすすめです。この2行では、個人名の口座のほかに屋号(例:菊池会計事務所)を用いたビジネス口座の開設が可能です。
【個人事業口座】
PayPay銀行(個人口座)
PayPay銀行(個人ビジネス口座)
楽天銀行(個人口座)
楽天銀行(個人ビジネス口座)

【個人】おすすめの業務専用クレジットカード

楽天カード、Amazonカードが年会費実質無料&高還元率ですのでおすすめです。

楽天カード
永年年会費無料。楽天での還元率2%以上。その他1%還元。 楽天をよく利用する人におすすめ。

Amazon Mastercard クラシックカード
初年度年会費無料。2年目以降の年会費は1,375円(税込)だが1回以上利用で無料となるため実質無料。プライム会員のアマゾンでの利用2%還元(プライム会員以外は1.5%)、その他1%還元。アマゾンをよく利用する人におすすめ。